FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備中松山城

本日は、高梁市巡り第2弾です。

吹屋ふるさと村を後にして、次の目的地は日本一高い所にある天守

「備中松山城」です。

いや~天守までの道のりが大変です。

標高約430mの小松山の山頂にあるんですが、

ポイントで立て看板がありまして、
高梁市 (38)

途中までは車で行けるのですが、ここからは徒歩。

下ってくる人達に励まされながら、中間地点。

高梁市 (41)

いわゆる獣道で、階段も不規則な歩幅なため歩きにくい。

イラってくる看板を横目に
高梁市 (43)

見えてきました。

立派な石垣が・・・

高梁市 (47)

しかし・・・ここまで昇ってくるのかなり大変だったんだけど、

戦国時代の敵の心境ならオイオイまだ石垣あるんかいってとこでしょうね。

そして天守です。

高梁市 (52)

高梁市 (58)

石を落としたり、鉄砲攻撃できる窓があったりと更に

ヘトヘトな敵を苦しめる要素が満載の天守です。

現実として江戸時代にはほとんど使われてなかったみたいですが、

戦国期はこの拠点を三村家、宇喜多家や毛利、織田と争奪戦になった、

重要な戦略拠点だったようです。

けど、周り山だらけなんだけどね。

高梁市 (79)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

MMOタロット占い
カウンター
プロフィール

シューク

Author:シューク
「千里の道も一歩から」
がんばりますので、よろしくお願いします(^o^)/

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
浮世絵
浮世絵

浮世絵葉書 広重 名所江戸百景「亀戸天神境内 藤」

価格:105円
(2012/7/15 16:43時点)
感想(0件)

ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お勧め商品
ランキング
変わった置物紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。