スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸 関帝廟

毎度~

本日は元町に関帝廟があるとの事で、

三国志ファン(本当は呉ファン)としては見ておこうと思い、

神戸の中華街、南京町へ・・・

ちなみに関帝廟とは三国志で有名な関羽を神格化し祀ったもので、

日本で言う所の菅原道真の天神さんみたいなものかな。




南京町に到着
chaina_town2[1]

あれれ?

何処探しても関帝廟らしきものはありません・・・

あれあれ?

普通中華街にあるもんでしょ。

で、調べてみるとまたもや神戸名物「坂の上」。

JR元町駅をはさんで海側の南京町とは全く逆方向の山側でした。


大きな地図で見る

それにしても、相変わらずの情報収集能力の稚拙さが腹立たしい!


改めてやってきました「関帝廟」
関帝廟 (29)

先ずは「龍門」
関帝廟 (28)

柱周りなどに龍や何かの逸話でしょうか、彫刻がびっしり施されてました。

関帝廟 (23)

関帝廟 (20)

こちらがいわゆる本殿になるんでしょうね
関帝廟 (14)

中には関羽様がいましたよ。

右隣は息子(演義では養子)関平、左は部下の周倉だそうです。
関帝廟 (10)

関帝廟 (9)

お髭がトレードマークの関羽様。

ただ、正直この飾り付けの感覚は、なんとなく・・・

なんなんでしょうね冠のボンボンは。



義に厚い武将関羽なんですが、中国では様々な民間伝承があり、

商売の神様にもなってるみたいです。

どうお祈りしたらいいかわかりませんが、お賽銭箱があったので、

お金を入れて商売繁盛を祈願してきました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

MMOタロット占い
カウンター
プロフィール

シューク

Author:シューク
「千里の道も一歩から」
がんばりますので、よろしくお願いします(^o^)/

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
浮世絵
浮世絵

浮世絵葉書 広重 名所江戸百景「亀戸天神境内 藤」

価格:105円
(2012/7/15 16:43時点)
感想(0件)

ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お勧め商品
ランキング
変わった置物紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。