スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗤うエース

どちらかと言うと活字中毒で読書は好きなんですが、

時間以上に困るのが、結構本も高いということ・・・

電子書籍も全然安くならないしね・・・・

いつか買おうとアマゾンのお気に入りが増えていくばかり・・・

で、良く考えたら自分家の近く、駅前に図書館あるやん。

中央図書館と比べたら規模は小さいですが、

神戸市内のすべての図書館がネットワークで繋がってるので、

他の図書館にあれば、ネットで注文することが出来て取りに行ける。

こりゃ便利だ!

借りてきたのが、本城雅人氏の「嗤うエース」
20121002G006[1]

元スポーツ記者の氏ですが、野球小説は結構書いてます。

ドカベンの様なスター選手を扱ったり、

映画「フィールドオブドリームス」の様な心温まる野球ファンタジーでも無く、

球界の暗部を描きつつ、それに関る人間群像劇を得意としてます。

で、この本も表紙から分かるように野球賭博を題材にしています。

~あらすじ~
球界を代表する投手の浪岡龍一。
だが彼の周りには暴力団との関係とそれに纏わる八百長の疑惑がかけられる。

それを追う、刑事と週刊誌記者。
二人は浪岡が、誰にもまね出来ないやり方で、八百長を演出しているのではと突き止めるが、
本当に浪岡は八百長をやっているのか?
果たして真相は・・・・


いや~読ましてくれる内容でした。

ピッチャーやバッターの心理描写などもあるのですが、

基本は社会派小説なんで野球を知らない人でも大丈夫。

それにしても野球賭博ってこんな感じだったんだって思いました。

折りしも東京五輪の資金集めの方法として、野球クジの記事を読んだ事が、

あるんですが、そんな事して大丈夫なんだろうかと思っちゃいました。


何せ球界のコミッショナーがあんな人ですからね(あ、やめるのか)。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

MMOタロット占い
カウンター
プロフィール

シューク

Author:シューク
「千里の道も一歩から」
がんばりますので、よろしくお願いします(^o^)/

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
浮世絵
浮世絵

浮世絵葉書 広重 名所江戸百景「亀戸天神境内 藤」

価格:105円
(2012/7/15 16:43時点)
感想(0件)

ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お勧め商品
ランキング
変わった置物紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。