FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第148回 天皇賞・秋

久しぶりに競馬の話。

明日は天皇賞です。

気になる人馬がいるのでちょっと触れたいと思います。

それは武豊&トウケイヘイローです。

ただそれを語る前に思い出したくも無い悪夢。

1998年11月1日の天皇賞。

最強の快速逃げ馬「サイレンススズカ」が天に召されたレースです。

この馬、スピードがあるのは誰もがわかってるんですが、
気性に難があり御しにくい馬で勝ったり負けたりを繰り返してました。

それが、豊に乗り変ってから、破竹の6連勝(間に南井の宝塚記念含む)。

そのスピードを如何無く発揮し、とにかく逃げる、そしてバテない。

陸上で言ったら往年の名スプリンター、マイケル・ジョンソンの400Mみたいな感じです。

そのサイレンススズカの最高のレースGⅡ毎日王冠


この2着馬はGⅠ3勝(海外含む)、凱旋門賞2着のエルコンドルパサーです。

そして、次走の天皇賞前半3Fを34.6秒のいつものハイラップで刻み、

4コーナー手前で故障発生。

この時、どうにもならないほど脚の骨は砕けていたんですが、スズカは
倒れる事無く踏ん張り、豊を振り落とさず、折れた足を引きずり安全な場所に
コースアウトし、豊が自分から下馬するまで乗せていた事が、さらに涙をそそりました。

豊自身も「スズカが守ってくれた」と述懐しています。

生涯成績16戦9勝

快速馬の名の通り6連勝中は、1年にも満たない僅かの期間の輝きでした。

今でこそ栗毛の最強馬と言えばオルフェーヴルでしょうが、私にとっては、
サイレンススズカです。

いやその強さは、ディープインパクトに迫る唯一の馬だとも思っています。


そしてあれから15年、今年の豊はトウケイヘイローと言う名の逃げ馬で、

天皇賞に望みます。

あの悪夢以来豊は、芝1800M以上の重賞で前半3Fを35.0秒を切るラップで、
逃げる事はしなくなりました。

その封印をこの馬、トウケイヘイローが断ち切ってくれました。

2走前の函館記念で前半3F34.9秒のハイラップで逃げて見事に勝利。
(目下豊の騎乗で重賞3連勝中)

完全に逃げる自分の形を確立しました。

秋の天皇賞が、芝2000Mという施行条件になって29年間、逃げて勝った馬は2頭のみ。
(その内1頭は2着からの繰り上がり1着)

台風や雨などの気象やジェンティルドンナやエイシンフラッシュなどの
強敵GⅠ馬がいますが、あの4コーナーの悪夢を振り払えば、

きっと、サイレンススズカが背中を押してくれるはず!

今年の天皇賞はそんなセンチな気持ちで、トウケイヘイローで勝負します。

最後にサイレンススズカのムービーをどうぞ。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 某T - 2013年11月01日 00:01:23

サイレンススズカ…
リアルタイムでは見てないですが
dVDで見て、僕が競馬好きになる
きっかけになったのは
間違いありません。

トウケイは残念でしたけど
僕も何気にスズカを
思い出して応援してました(笑)

Re: タイトルなし - シューク - 2013年11月04日 10:15:01

> サイレンススズカ…
> リアルタイムでは見てないですが
> dVDで見て、僕が競馬好きになる
> きっかけになったのは
> 間違いありません。
>
> トウケイは残念でしたけど
> 僕も何気にスズカを
> 思い出して応援してました(笑)

負けちゃったね。
でも福永の2週連続GⅠ制覇は、なんかつき物が落ちた感じ。

今週はエリ女ですね。
やっぱヴィルシーナかなと思ってます。
来年はハープスターもここ出てるかな。

トラックバック

URL :

MMOタロット占い
カウンター
プロフィール

シューク

Author:シューク
「千里の道も一歩から」
がんばりますので、よろしくお願いします(^o^)/

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
浮世絵
浮世絵

浮世絵葉書 広重 名所江戸百景「亀戸天神境内 藤」

価格:105円
(2012/7/15 16:43時点)
感想(0件)

ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お勧め商品
ランキング
変わった置物紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。