FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会田誠展~天才でごめんなさい~

今日は六本木ヒルズの森美術館へ会田誠展を見に行ってきました。

それにしてもヒルズはやっぱり洗礼されたオシャレな空間ですね。
とりあえずこの建物に圧倒されつつ
会田誠展 (35)
このようなモニュメントやアートが随所に楽しめます。
会田誠展 (34)
これは「ママン」というクモのアートで、世界中から人が集まり、
新たな情報を紡ぐ場の象徴だそうです。

メインの展示会の前に、会場である52階展望台、東京シティビューからの風景です。
空気が澄んでてとても綺麗でした。

東京タワーとスカイツリーのコラボ
会田誠展 (15)
レインボーブリッジとお台場
会田誠展 (21)
東京湾と羽田空港
会田誠展 (22)
真下の風景
会田誠展 (30)

スカイツリーより東京の中心にあるので、見える風景もちょっと違いますね。
見渡す限りマンション群ってのはすごかったです。

ここからメインの会田誠展です。
会田誠展 (13)
天才でごめんなさいホームページ



日本現代芸術家の一人で、作品を一同に介しての展示会は初の試みです。
この人の作風は、「エロ・グロ・ナンセンス」そこからくる退廃観に反社会性。
でもこれは、現代芸術の一つのって言うより唯一無二の観念ではないでしょうか?
現代芸術家には必ずある作風表現だと思います。

私がこの人に魅力を感じるのはポップ&サブカルチャーの旗手である事と
その作画が、浮世絵から竹久夢二、林静一(小梅ちゃん/赤色エレジー)へと続く
日本美人画やイラストレーター江口寿史(漫画家?)に似ているからです。

代表作
「滝の絵」
0010_1305885314[1]
「切腹女子高生」
0010_1185078329[1]
「大山椒魚」
0010_1185078618[1]
「巨大フジ隊員VSキングギドラ」
0010_1185078088[1]
特にこの絵は葛飾北斎のエロ画「蛸と海女」に影響を受けています。
(このような展示会には異例の18禁コーナーがあり上のはその一つ)

この他にも奇妙奇天烈な作品が多数あり、中でもバカバカしかったのが、
「ロンリープラネット」
これはビデオ作品になるんですが、「国際無言電話」を24時間、不特定な国に
掛けまくる。それもどちらかと言うと第三世界や小さな村、自然環境の厳しい
所を選び、イタズラ電話(自分で言ってる!)に慣れてない人のピュアな反応を
楽しみたいそうで・・・

でも、本人も述べてるんですが、アフリカのど真ん中の国で最初の挨拶が
「ボンジュール」ってのは、西欧の侵略の歴史を知ることが出来、
本来の言葉が無くなった悲惨さが伝わります。

「イデア」
これもビデオ作品なんですが、あるスタジオの壁に「美少女」と書いて
素っ裸になって本人がマスターベーションしています。

ちなみにイデアとはプラトン哲学の根本用語で、肉眼に見える形ではなく、
「心の目」「魂の目」によって洞察される純粋な形、
「ものごとの真の姿」や「ものごとの原型」に言及する事だそうです(ウィキより)

ふ~ん。それでいけるの?いや、世の12歳前後の男子はプラトン哲学を
理解していたのか・・・けど今の子はネットで簡単に無修正が手に入るけどね。

なんかほんとサブカルだらけですが、これら以外に「戦争画RETURNS」シリーズ
のように社会性があり右的な事って悪なの?と考えさせられる作品や
(その反動で出来たミュータント花子って漫画はバカですが)
自殺したくても出来ない「自殺未遂マシーン」は日本社会の歪んだ
一面をシニカルに表現しています。

最後に会場内で唯一撮影が可能だった作品です。
「考えない人」
会田誠展 (2)
会田誠展 (8)
会田誠展 (6)
働きすぎる日本人へのアンチテーゼとしてのロダンの「考える人」のパロディ
とも取れますが、華奢な体、指の印相、台座の植物と弥勒菩薩をイメージしてる
と思います。弥勒菩薩の基本は「慈悲」ですが、のんびり行こうぜって事には
変わりないのかな~よく分からないけど・・・

とにかく全く意味不明な現代アートとは違って視覚的にも楽しめ
考えさせられる所は考えさせると有意義な時間を過ごせました。

3月いっぱいまでやってますので興味のある方はぜひ行ってみて下さい。

最後に北斎のエロ画に興味のある方はこちらをどうぞ
葛飾北斎春画ブログ
しかし触手物はこの時からあったんですね・・・
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

MMOタロット占い
カウンター
プロフィール

シューク

Author:シューク
「千里の道も一歩から」
がんばりますので、よろしくお願いします(^o^)/

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
浮世絵
浮世絵

浮世絵葉書 広重 名所江戸百景「亀戸天神境内 藤」

価格:105円
(2012/7/15 16:43時点)
感想(0件)

ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
お勧め商品
ランキング
変わった置物紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。